ヒロインドリーム完全攻略

ヒロインドリームの攻略サイト。基本システムとスーパーヒロインになるための条件などについて紹介。1996年10月10日に発売されたプレイステーション専用ソフト。プレイヤーはプロデューサーとなり、候補生の舞木静を魅力的なヒロインにしていくことが目的となる。プレイヤーの育成次第でたくさんのエンディングが用意されている。

コマンドについて

各週に出来る行動は以下の通り。

日数行動
第1週目◎季節プレゼント→マップ移動→スペシャリスト派遣
◎季節プレゼント→オーディション→スペシャリスト派遣(オーディションに落ちた場合)
◎季節プレゼント→オーディション→GO!→スペシャリスト派遣(拘束期間0のオーディションに合格した場合)
◎季節プレゼント→オーディション→GO!(拘束期間1以上のオーディションに合格した場合)
第2週目【仕事なし】◎プレゼント→スペシャリスト派遣
【仕事なし】◎マップ移動→スペシャリスト派遣
【仕事あり】◎プレゼント→GO!
【仕事あり】◎マップ移動→GO!
第3週目【仕事なし】◎マップ移動→スペシャリスト派遣
【仕事なし】◎スペシャリスト募集→スペシャリスト派遣
【仕事あり】◎マップ移動→GO!
第4週目【仕事なし】◎プレゼント→スペシャリスト派遣
【仕事なし】◎マップ移動→スペシャリスト派遣
【仕事あり】◎プレゼント→GO!
【仕事あり】◎マップ移動→GO!

◎仕事の拘束期間
オーディションは毎月第一週目に行われる(ない月もある)。各仕事には拘束期間が定められており、その間はスペシャリストコマンドが使えなくなる。例えば、拘束期間が1の仕事ならば翌週(第2週目)から、4の仕事ならば翌月の1週目からスペシャリストコマンドが実行可能になる。ただし、拘束期間0の仕事はその日のうちに開放されるため、特にペナルティがない。

 

ステータス異常の仕組み

◎ストレスの効果
ストレスが200以上でかつ、
感受性以上なら → なやみ
自信以上なら → スランプ
運動力以上なら → 風邪
感受性・自信・運動以上なら → 病気
 
上記のことから、感受性・自信・運動力のいずれかが200以下の場合、ストレスは200ポイント未満に抑えること。
感受性・自信・運動力のいずれも200以上の場合、そのうちで最も小さい値を超えないようにストレスを抑えること。
このストレスが超えてはいけない値を、便宜上、「ストレス限界値」と呼ぶことにする。ゲーム序盤は感受性・自信・運動力を均等に上げ、ストレス限界値を高めるところから始めた方が楽に攻略できる。
 
◎ストレス以外の効果
自信と運動が最も高い状態が続くと骨折。感受性と魅力が高い状態が続くとラブラブになる。

 

プレゼントについて

第2週、第4週に行えるプレゼントは、持っている限りいくつでもプレゼントできる。ばらばらにプレゼントするより一気にあげてしまった方が効率が良い。
 
◎UFOキャッチャー
極稀にハズレが出るので、やる前には必ずセーブすること。

 

スペシャリストについて

スペシャリストには出きる限りLV4を選びたいが、面倒ならLV3でも良い。LV3でも十分スーパーヒロインを狙える。(すべてのパラメータを990以上にしたい場合はLV4でないと厳しいが…)。スペシャリストを雇用する直前にセーブをしておけば、ロードを繰り返すことで、そのうちLV4のスペシャリストにめぐり合うことができる。
 
雇用するスペシャリストの中には必ず、すべての技能がLV1の「使えないスペシャリスト」を入れておくこと。使えないスペシャリストほど、自習の時のストレス回復効果が大きい。
 
◎演信達ディレクターがなるスペシャリスト
ディレクターがスペシャリストになってくれた時は、雇い入れる直前の2週目に自習をいれてストレスをゼロにすると良い。一ヶ月間、丸々スパルタ教育ができるはずだ。なお、7月や12月に雇用すると休みと重なって損をするので注意。また、翌月の頭に拘束期間1以上の仕事を入れても無駄になってしまう。

 

教育方針について

教育方針はスパルタと自習だけを使う。ゲームスタート時はスパルタ3週に自習1週というスケジュールで行うと良いだろう。ストレス限界値が伸びてきたら自習の頻度を少しずつ下げていく。

 

休暇について

◎夏休み:7月4週目~8月4週目
夏休みは前半と後半に分かれる。夏休み中はスペシャリストコマンドが使えず、マップ画面に候補生もいなくなるので、1週目と3週目に花を買い、2週目と4週目にそれぞれプレゼントして静との関係を深めておくと良いだろう。
 
前半(7月4週目~8月2週目の3ターン)は強制回復期間で、毎週、-5×6日と-15×6日の二つの回復パターンのどちらかがランダムに発生する。従って、トータル90~270ポイントのストレスが回復することになる。
 
後半(8月3週目~同4週目の2ターン)は演信による強化合宿となる(後述)。合宿に参加するとストレスが180たまるので、夏休み前半で回復する分(-90~-270)とあわせて、少なくとも、ストレス限界値よりも90ポイントはストレスが低い状態で夏休みに入るようにしよう。夏休み中はスペシャリストコマンドが使えないので、「もう少しストレスを回復させたい」と思ってもどうすることもできないからだ。合宿中に病気にでもなったら目も当てられない。
 
◎強化合宿:8月3週目~4週目
一年目は自動的に声楽合宿となる。1日あたりの成長率は以下のとおり(トータルは12倍)。高効率なので、合宿中は絶対に故障しないように!
 
演劇合宿 ストレス+15、演技・発声・運動力・魅力 各+5
体力強化合宿 ストレス+15、発声・自信・運動力・魅力 各+5
声楽合宿 ストレス+15、発声・音感・感受性・自信 各+5
 
◎冬休み:12月4週目~1月1週目
たまっているプレゼントがあるなら、冬休みの頭にまとめてあげてしまうと良いだろう。夏休み同様、強制回復期間で、スペシャリストコマンドは使用不可。ストレスの回復量は、旅行の時で-50×6日-30×6日、帰省した時で-30×12日となる。

 

その他の季節イベント

◎文化祭
11月3週目は文化祭。一番関係の深い候補生が登場し、出し物を誉めるとその娘の評価が30アップする。
 
◎バレンタインデー
2月の第2週にかなり関係の深い候補生(100以上)に会うと、チョコレートを貰うことができる。
 
◎誕生日
ある程度関係が深ければ(30以上)、誕生日にプレゼントを上げることができる。関係が30上がる他、能力値も上昇する。

候補生誕生日プレゼント
音夢4月1週目
由紀6月2週目◎プリントシャツ(魅力+30)
◎スポーツタオル(運動力+30)
◎ねこのスリッパ(感受性+30)
7月4週目◎とかげのぬいぐるみ(自信+30)
◎おべんとうばこ(感受性+30)
◎ちいさなアクセサリー(魅力+30)
姫子11月1週目
2月3週目◎きれいなペンダント(自信+30)
◎かわいいイヤリング(魅力+30)
◎おしゃれブローチ(感受性+30)

 

スーパーヒロインになるための条件

下記7つのイベントをすべてクリアする必要がある。
◎1.静と会う約束をする
静との関係が150以上、ディレクターの感情が「大好き!」で発生。無人のディレクタールームに静が現れて、置手紙をして行く。会いたいという静かに対して「会う」または「会えないが返事はする」を選択。
 
◎2.カエデ・コレクション
魅力400、自信300、運動400で発生条件成立。
月例会の後、楓にブティックへ来て欲しいと言われるので、すぐにブティックへ移動すると、ファッションショーへの出演を依頼される。翌月の仕事が自動的にカエデコレクションとなる。月例会直後にブティックに行かないと流れてしまうので注意。
 
◎3.大正探偵
演技300、感受性200、魅力300、音夢との関係が50以上で発生条件成立。
公園で映画を撮影している画帝に話しかけると、翌週廊下に音夢が現れる。音夢に話しかけ、画帝のことを教えると、月例会議後に画帝が現れて「大正探偵」の仕事を貰うことができる。翌月の仕事が自動的に大正探偵となる。
公園の画帝に話しかけなければイベントはスタートしないので、他のイベントとぶつかりそうなら放置しておけば良い。ただし、一度画帝に話しかけたら、翌週には必ず音夢に話しかけること。
 
◎4.青い鳥伝説
演技300、発声200、運動300、由紀との関係が50以上で発生条件成立。
旧校舎で由紀に稽古をつけている演信に2回話しかけると、月例会議後、青い鳥伝説のオーディションを紹介してくれる。オーディションに合格するには運動力が400以上必要なので、パラメータが足りなければ運動力があがるまで放置しておいても良い。
旧校舎の演信に話しかけなければイベントはスタートしない。これも、他のイベントとぶつかりそうなら放置しておいて問題ない。
 
◎5.のど自慢
静と姫子の能力が共に、発声500、音感500、魅力500で発生条件成立。
購買部で静に話しかけると、姫子が乱入してきてそのままのど自慢大会に引っ張り出される。このイベントは姫子の成長を待たなければならないため、発生は2年目の終わりから3年目の頭になるはずだ。
イベントはその日のうちに終了するので、他のイベントとバッティングすることはない。
 
◎6.自信を喪失した静を慰める
他のディレクターが紹介する4つの仕事(上記2~5)をこなすと自動的に発生。静に「話しかける」を選択。以降の選択肢は何を選んでも良い。
 
◎7.三年目のクリスマスに静の作曲したFLY TO FLYを録音したオルゴールをプレゼントする
3年目の9月までに上記すべてのイベントをクリアしており、かつ、静の評価が450以上だと、音楽室で静が作曲をしている姿を目撃することができる。「覚えるつもりで聞く」を選択し、しっかりメロディを覚えておくこと。
翌月、月例会議の後で画帝からオルゴールキットを貰うことができる。
その年の11月までに音楽室の響子を訪ね、静に教わった曲をオルゴールに録音してもらう。これで、クリスマスのプレゼントに「静のオルゴール」が選択可能になる。あとは、実際にクリスマスにプレゼントするだけだ。

 

スーパーヒロインになるための攻略情報

◎Step 1:感受性、自信、運動力を養い、ストレスへの耐性を高める
育成で一番最初にやるべき事は、静をストレスに強い体に鍛えあげることだ。
ゲーム開始後、すぐに運動力と感受性のスペシャリスト(LV3以上)を雇い入れ、運動力と感受性を均等に上げながら750を目指す。スパルタ教育を選択し、ストレスが限界値に近づいたら自習を入れる(最初のうちはスパルタ3週に自習1週のペース)。自信はアイテムであげるので、運動力と感受性以外は今のところ育成しなくて良い。
静に嫌われない程度に花をプレゼントして「ふつう」以上を維持する。ただし、「大好き!」にする必要はない。ディレクターズルームに乱入されて貴重なスペシャリストを解雇されてしまうからだ。
MAP移動では静から他の4人の候補生を紹介してもらい、それぞれとの関係を50にしておく。好感度は表示されないので、メモを取るなりすること。静との関係だけは150以上にする必要があるが、これには時間がかかる。2年目の終わりくらいを目安にのんびりと上げて行こう。ちなみに、水晶占いでは確実に関係を+20できる。カード占いでは選択肢によって+10の場合と+30の場合がある。
7月の静の誕生日では、月頭に「謎のクリスタル」を、4週目のマップ移動で「とかげのぬいぐるみ」をプレゼントして自信を上げる。これは3年間ずっと変わらない。自信が900を超えている場合や、アイテムが無い場合は、最も不足している能力をあげるように。
1年目の夏休みに入る直前には感受性、自信、運動力がいずれも300付近に到達しているはずだ。
7月の3週目の段階でストレスが100を超えているようなら念のため休ませたほうが良い。合宿中にストレス限界値を超えないようにするためだ。合宿は3年間を通じてすべて「声楽合宿(1年目は強制)」に参加する。

 
◎Step 2:魅力を磨いてカエデコレクションに抜擢される
運動力と感受性が目標の750に到達したら(1年目の年末頃)、魅力のスペシャリストを雇い入れる。以降、魅力が800になるまで、魅力だけを鍛えつづける。感受性と運動力のスペシャリストはもういつ解雇してもかまわない。もちろん教育方針はスパルタだ。繰り返しになるが、スパルタと自習以外の教育方針は一切使わない。
なお、この時期くらいから徐々にオーディションの誘いが入ってくるはずだ。合格しそうなオーディションで、より人気の高いものから順にこなして、少しずつ評価をあげていこう。最終的に評価は500を超えなければならないが、ゲーム後半、有り余るほど評価をもらえるので、最初のうちは無理をする必要はない。
1年目の終わりには魅力400、自信300、運動400以上に達し、「カエデ・コレクション」の条件が成立するはずだ。月例会で楓がブティックへ来て欲しいと話しかけてきたら、すぐにブティックへ移動してファッションショーへの出演を快諾しよう。

 
◎Step 3:演技力を身につけて大正探偵に出演する
2年目の夏休み前後には魅力が800になる。そうしたら、演技のスペシャリストを雇い入れて、まずは演技300を目指す。魅力のスペシャリストはもう用済みだ。
順当に成長していけば、冬休みまでには演技力300、感受性200、魅力300以上となり、「大正探偵」の条件が成立する。Map移動画面の公園に画帝アイコンが現れるはずだ(現れないようなら音夢との関係が浅い。何度か音夢に話しかけて関係をあげてみよう)。
画帝に話しかけると、翌週から1ヶ月間、教室の廊下に音夢アイコンが現れる。泣いている音夢に話しかけて、画帝のことを教えれば、翌月の月例会議後、画帝から「大正探偵」の仕事を貰うことができる。

 
◎Step 4:発声を訓練して青い鳥伝説に出演する
大正探偵に出演したら、すぐに発声のスペシャリストを雇用して発声の訓練を始める(Step 3で雇い入れた演技のスペシャリストは、あとで使うので、解雇しないように)。まもなく演技300、発声200、運動300以上に到達し、「青い鳥伝説」の条件が成立して、旧校舎に演信アイコンが現れるだろう(現れないようなら、由紀との関係が浅い。関係50以上が必要だ)。
旧校舎で由紀に稽古をつけている演信に2回話しかければ、翌月の月例会議後に青い鳥伝説のオーディションを紹介してくれる。オーディションに合格するには運動が400以上必要だが、既に800を軽く上回っているはずだ。即オーディションを受けてイベントをこなしてしまおう。

 
◎Step 5:発声と音感を鍛えてのど自慢に参加する
「青い鳥伝説」をクリアしたら音感のスペシャリストを雇い入れ、発声と音感を均等にあげていく。
3年目の頭くらいまでには静、姫子ともども、発声500、音感500、魅力500以上の条件を満たすはずだ。この条件を満たすと、購買部に静のアイコンが現れる。静に話しかけると姫子が突然乱入してきて、無理やり街ののど自慢大会に引きずり出されることになる。

 
◎Step 6:自信を喪失した静を慰める
「カエデコレクション」「大正探偵」「青い鳥伝説」「のど自慢」の4つのイベントをすべてクリアすると、静が自信喪失して街中を徘徊するイベントが発生する。静に声をかけて料亭へ誘うこと。あとはどう答えても良い。

 
◎Step 7:静と会う約束をする
もうこの段階ですでに「静と会う約束をする」イベントはクリアしてしまっているかもしれないが、そうでないなら、ディレクターへの感情を「大好き!」にして静と何度か会い、関係を150以上に上げてイベントを発生させておこう。このイベントは3年目の夏休み前までにはクリアしておく必要がある。
Map移動を選択した直後、無人のディレクターズルームに静が現れて置手紙をして行く。Map画面から戻ったら置手紙を開いて「会う」を選択すればよい(実際には会えないが…)。

 
◎Step 8:評価を高める
既に感受性、自信、運動力、魅力は900を超えているはずだ。足りないのは演技、発声、音感の3つなので、演技→音感→発声の順に900まで上げていく(もし、オーディション「美女と野獣」をクリアしたいなら、音感は990以上必要だ…)。
能力値を上げながら、受かりそうなオーディションでより人気の高いものから順に受け、評価も上げて行く。評価は500もあればもうヒロイン確定なのだが、どうせなら上げられるだけ上げてしまおう。

 
◎Step 9:オルゴールに曲を入れてプレゼントする
静の評価が450を超えていれば、3年目の9月になった段階で音楽室に彼女が現れるはずだ。彼女の作曲したメロディを「覚えるつもりで」聞くと、翌月の月例会後に画帝からオルゴールキットを貰うことができる。
オルゴールキットを貰ったら、クリスマス前までに音楽室で響子に会い、静から聞かされたメロディをオルゴールに録音してもらう(「コレ」を選択)。
あとはクリスマスのプレゼントとしてこのオルゴールを静にあげれば、スーパーヒロインエンド確定となる。

 

注目のゲーム攻略

ラストイデア完全攻略

ラストイデア(LAST IDEA)の攻略サイト。序盤の効率的な進め方やおすすめスキル一覧、トレジャーダンジョン解放条件などについて紹介。20…

新作・話題のゲーム攻略

アーカイブ

ページ上部へ戻る