攻略チャート4 – レインボーシックス ベガス2完全攻略

 
攻略チャート4 – レインボーシックス ベガス2完全攻略ヘッダー画像

Rainbow Six Vegas2(レインボーシックス ベガス2)の攻略サイト。ストーリー(Act 7)を進める上で必要な攻略情報について紹介。2008年4月24日にXbox360用ソフト、2008年5月29日にプレステ3で発売された。世界的人気を博すトム・クランシー原作の特殊部隊アクション「レインボーシックス」シリーズの7番目の物語。時間の概念が新たに追加され、プレイ中は日中から夜間への相互変化が生じる。敵となるテロリスト達もサーマルやナイトビジョンを活用してくる等AIも賢くなり、プレイするたびに行動も変わるため、オンラインでのプレイも含めて、本格的なサバイバルゲームが楽しめる。

レインボーシックス ベガス2完全攻略トップに戻る

 

Act 7

再びチームと合流する。これ以降は全て総力戦となり、ステルス系の類は行わない。リコイル・コントロール・ストック装備のMG36ライトマシンガンを武器に選択しよう。C4やグレネードを投げたり、狙撃で敵を倒していこう。
 
最初の小屋の右の角にチームを送り込み、ビショップは左側へ。そこからやしの木越しにテロリスト達を攻撃していく。さらに先へ進んで盾装備の敵やガンナーも倒していこう。チームは角やプランターの陰に待機させ、窓越しにタレットのガンナーやその他の敵を倒させよう。エリアを制圧したら階段へ。
 
チームに電子式制御システムへのドアにフラグを使わせて、やってくる敵を倒す。薄い壁は強力な銃撃を貫通させることを覚えておこう。
電気をシャットダウンして引き返すと、出口のドアから敵が襲ってくるので注意。
 
通路を進んで補給箱へ。ガレージは一本道なので、チームにオープン&クリアかスモーク&クリアを行わせ、タレットがそちらに気をとられている隙にプレイヤーがタレットを攻撃しよう。ただし階段からやってくる敵には注意すること。階段を上がってチェックポイントを通過する前に補充をしておこう。
 
上の階へ行くと中央の部屋に敵がファストロープで下りてくる。チームにグレネードを使わせて対処しよう。
 
3階へ行くとケラー隊がやってくるイベントが発生。チームにフラグ&クリアを使わせて寝室へ。バスルームにはテロリストがいるので注意。補給ポイントは戻ってもいいし、ここの少し先にもあるので、ここで爆薬を使ってもかまわない。
その後補充を完了したらチェックポイントを通過する。
 
敵が天窓とバルコニーから出現する。カバーははかない1ヶ所のみ。入口の場所に注意しよう。
入ってきたドアの右側に待機するのがベスト。そこなら十分なカバーがあるうえ、MG36やライトマシンガンで、とことん敵を倒していけるだろう。マイケルとユングの救出は時間の問題。
 
その後最後の補給箱がある。再びビショップは単独で戦闘を行うことになるため、ここでの装備の選択は重要になる。リコイル・コントロール・ストック装備のライトマシンガンと、ハイキャップマガジンで弾層を拡張したアサルトライフル、もしくはもう1丁ライトマシンガンを持っていこう。C4とハンドガンも当然忘れないように。
 
まずはヘリの動きをチェックする。射線外のカバーに隠れ、ラッペリングで壁から降りてくる敵を倒し、さらにヘリを攻撃する。敵の射撃が熾烈になってきたらフラグかC4爆弾を投げて吹っ飛ばしてしまおう。テニスコートにいる敵は無限なので、それといつまでも交戦していてもしようがない。倒し続けて敵がいなくなった合間にヘリへの攻撃を行おう。
 
ジョアンナのコマンドウィンドウが出現したら、別の場所へ移動してロケットを回避する。これはパターンになり、何度も繰り返すことになる。ロケットが発射されるたびにカバーがなくなっていくことにもなる。テニスコートの右側のカバーまで戻れば長期戦に耐えられるはず。
 
2回目の爆撃が始まったら、次のチェックポイントの小屋を目指す。そこへたどり着いたら、小屋からやってくる敵を全滅させる。その後ロケットがヘリを爆撃する。後は残りのテロリスト達を一掃する。
 
小屋の外へ出ると、最終ボス戦。早撃ち勝負になるので、操作可能になる瞬間に銃のトリガーを引く。遅れればこちらが撃ち抜かれることになる。

 

レインボーシックス ベガス2完全攻略トップに戻る

 

注目のゲーム攻略

   クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース完全攻略アイキャッチ画像

クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバース完全攻略

クラッシュ・バンディクー4 とんでもマルチバースの攻略サイト。ステージ一覧やカラーダイヤ入手方法などについて紹介。2020年10月2日に発売…

新作・話題のゲーム攻略

アーカイブ

ページ上部へ戻る
ページ上部に戻る